めまい

良性発作性頭位めまい症

三半規管の中にある小さな石(耳石)が何らかの理由でずれてしまうことで頭を特定の方向に動かすと目の前が回ったり揺れたりする症状を起こすめまい疾患です。症状は大体数秒から数分以内に消失し、動かなければめまいは起きないです。自然に治ることがほとんどですが運動療法や症状が強い場合は内服治療を行う場合があります。

メニエール病

三半規管や蝸牛といわれる内耳がむくむ(内リンパ水腫)ことでめまいや難聴や耳鳴などが生じる疾患です。心若年から中年の女性に多くみられ身のストレスや疲れ、季節の変わり目や天気が悪くなることがきっかけで症状が起きることが多いです。症状は10分~半日以内に警戒しますが短期間で繰り返すことも特徴的です。聴力検査や眼振検査を行い診断致します。発作予防のために内服加療や症状のきっかけとなることを取り除くことが治療において大切になります。

前庭神経炎

前庭神経に炎症を起こすことで起こるめまいで非常に激しい回転性のめまいを起こします。休んでも改善しないため救急外来を受診される方もいらっしゃいます。一般的に聞こえは悪くならず、ほとんどは眼振検査で診断可能です。内服加療で様子を見ますが数日から数週間と改善するまで時間がかかるため症状が強い方だと入院して点滴加療を行う場合があります。

頸性めまい

主に首や肩周囲の筋肉の過緊張がありスポーツやディスクワークなど特定の動きで首肩に負荷がかかった際にめまいを生じる疾患です。繰り返すことが特徴で頭痛や手のしびれや肩回りの痛み、耳鳴を伴うことがあります。筋肉の緊張をほぐす薬を使ったり原因となる動きを控えることで改善することが多いです。

起立性調節障害

浮動感や立ちくらみ、倦怠感や動悸、頭痛など症状があり、主に思春期に好発する自律神経の機能不全の疾患です。重症例だと朝起きられないなどの理由で学校に行けなくなってしまうケースもあります。安静にした状態から起き上がったときの血圧や心拍数の変化で診断を行います。